サイズから選ぶ

ショッピングガイド

トップページ
特定商取引
ご利用案内
プライバシーポリシー

明香寧では

ライフスタイルを提案します。

写真を飾ることで得られるもがあると思います。安らぎ,安心,あこがれ,懐かしさ,決意といったものだと思います。

懐かしさや安らぎが得られる様なものを中心に写真を飾る楽しさを提案していきます。リーズナブルな値段でご提供させていただきます。

プリントは,一番良いと思えるもので行いますので,末永く親しんでいただけるものと思います。

よろしくお願いいたします。

店長日記

古川 明弘(こかわ あきひろ)
風景写真は,心を遊ばせます。
眺めているだけで幸せになりますし,心豊かになります。
新しい自分に出会うために風景写真を飾ってみませんか。

訪れた方々へ,作家のAkey.Cを
今後ともよろしくお願いします。

店長日記はこちら >>

QRコード

リンク集

選りすぐりのショッピング情報サイト Plat Park
トップページ»  店長日記

ブログ

自転車にカメラをくくりつけると

昔のOMレンズを使用できるので,OLYMPUS E-P1を手に入れました。
古いレンズを使うときは,三脚を利用しないと手ぶれを起こします。カメラには,スタビライザーが付いていて,手ぶれを防止するようですが古いレンズの場合にはDataが無く全くだめですね。
一眼カメラの場合額と両手という三点で保持されるので,手ぶれを防止することができるのですが,E-P1の場合ライブモニターのため,両手での保持,後はストラップとの組合わせです。レリーズするときに動きが伝わってしまいます。E-P2であれば,接眼部を取り付けることによって,ある程度避けることができそうですが,行っていません。
また,ピーカンの場合,古いレンズでピントを合わせるには非常に厳しいです。モニターで確かめることができません。
ですから,
自転車にカメラをくくりつけるときには,元々のレンズセットでレリーズをつけてくくりつけることにしました。
三脚としてゴリラポッドを使用。脚が自由に動くので,自転車からの衝撃を吸収してくれるのでちょうど良いと考えました。
レリーズを付け準備完了です。
走りながらでも撮影でき良い感じでした。
問題は,デジタルであるにも関わらず,後からでないと何が映っているのかが分からないことでした。この点に関しては,フィルムカメラと同じですね。
レンズキットであった成果,思いの外ぶれが少なく撮影することができました。

同じような方法で,車のダッシュボードに取り付けるのも良いかもしれません。夜であれば,光が流れるので,ワープシーンのような写真が撮れます。このときは,焦点距離を固定させるために古いレンズを付け,シャッター速度を固定させてもおもしろいと思います。

Akey-C

2010-07-01 21:08:00

店長日記   |  コメント(0)   |  トラックバック (0)

 

コメント

[コメント記入欄はこちら]

お名前
URL
コメント

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akane07.jp/app/TrackBack/receivetb/SID/x0397008/EID/27

トラックバック記事一覧